万葉集 第17巻 3979番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3979番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第17巻 3979番歌

第17巻
歌番号 3979番歌
作者 大伴家持
題詞 (述戀緒歌一首[并短歌])
原文 安良多麻<乃> 登之可敝流麻泥 安比見祢婆 許己呂毛之努尓 於母保由流香聞
訓読 あらたまの年返るまで相見ねば心もしのに思ほゆるかも
かな あらたまの としかへるまで あひみねば こころもしのに おもほゆるかも
英語(ローマ字) ARATAMANO TOSHIKAHERUMADE AHIMINEBA KOKOROMOSHINONI OMOHOYURUKAMO
年が改まらないと妻に逢えないと思うと、心もしんなりするように思える。
左注 (右三月廿日夜裏忽兮起戀情作 大伴宿祢家持)
校異 之 乃 [元][細]
用語 天平19年3月20日、年紀、作者:大伴家持、望郷、恋情、悲別、枕詞、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました