万葉集 第17巻 3956番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3956番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第17巻 3956番歌

第17巻
歌番号 3956番歌
作者 作者不詳
題詞 大目秦忌寸八千嶋之館宴歌一首
原文 奈呉能安麻能 都里須流布祢波 伊麻許曽婆 敷奈太那宇知C 安倍弖許藝泥米
訓読 奈呉の海人の釣する舟は今こそば舟棚打ちてあへて漕ぎ出め
かな なごのあまの つりするふねは いまこそば ふなだなうちて あへてこぎでめ
英語(ローマ字) NAGONOAMANO TSURISURUFUNEHA IMAKOSOBA FUNADANAUCHITE AHETEKOGIDEME
奈呉の海人(あま)が釣りをする舟。今こそチャンス。舟べりを叩いてさあ勇んで漕ぎ出すだろうよ。
左注 右館之客屋居望蒼海 仍主人八千嶋作此歌也
校異 八千嶋作 [元][古] 作 / 歌 [西] 謌
用語 作者:秦八千島、宴席、地名、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました