万葉集 第17巻 3904番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3904番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第17巻 3904番歌

第17巻
歌番号 3904番歌
作者 大伴書持
題詞 (追和<大>宰之時梅花新歌六首)
原文 宇梅能花 伊都波乎良自等 伊登波祢登 佐吉乃盛波 乎思吉物奈利
訓読 梅の花いつは折らじといとはねど咲きの盛りは惜しきものなり
かな うめのはな いつはをらじと いとはねど さきのさかりは をしきものなり
英語(ローマ字) UMENOHANA ITSUHAWORAJITO ITOHANEDO SAKINOSAKARIHA WOSHIKIMONONARI
梅の花、いつといって折るのが惜しいわけではないが、でもやはり花の盛りは折るのが惜しい。
左注 (右十二年十<二>月九日大伴宿祢<書>持作)
校異
用語 天平12年12月9日、年紀、作者:大伴書持、追和、梅花宴、植物
タイトルとURLをコピーしました