万葉集 第17巻 4016番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻4016番歌はこちらにまとめました。

第17巻 4016番歌

第17巻
歌番号4016番歌
作者作者不詳
題詞高市連黒人歌一首 [年月不審]
原文賣比能野能 須々吉於之奈倍 布流由伎尓 夜度加流家敷之 可奈之久於毛倍遊
訓読婦負の野のすすき押しなべ降る雪に宿借る今日し悲しく思ほゆ
かなめひののの すすきおしなべ ふるゆきに やどかるけふし かなしくおもほゆ
英語(ローマ字)MEHINONONO SUSUKIOSHINABE FURUYUKINI YADOKARUKEFUSHI KANASHIKUOMOHOYU
婦負(ねひ)の野にススキを押さえて雪が降っている。この中で宿を取らねばならない(野宿)と思うと、今日は悲しい日に思われる。
左注右傳誦此歌三國真人五百國是也
校異
用語高市黒人、羈旅、旅情、伝誦、三国五百国、漂泊、地名、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました