万葉集 第17巻 3946番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3946番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第17巻 3946番歌

第17巻
歌番号 3946番歌
作者 大伴池主
題詞 (八月七日夜集于守大伴宿祢家持舘宴歌)
原文 保登等藝須 奈伎C須疑尓之 乎加備可良 秋風吹奴 余之母安良奈久尓
訓読 霍公鳥鳴きて過ぎにし岡びから秋風吹きぬよしもあらなくに
かな ほととぎす なきてすぎにし をかびから あきかぜふきぬ よしもあらなくに
英語(ローマ字) HOTOTOGISU NAKITESUGINISHI WOKABIKARA AKIKAZEFUKINU YOSHIMOARANAKUNI
ホトトギスが鳴いていた季節が過ぎ、岡辺から秋風が吹くようになった。(妻と共寝する)すべもないのに。
左注 右三首掾大伴宿祢池主作
校異
用語 天平18年8月7日、年紀、作者:大伴池主、動物、宴席、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました