万葉集 第17巻 3945番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3945番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第17巻 3945番歌

第17巻
歌番号 3945番歌
作者 大伴池主
題詞 (八月七日夜集于守大伴宿祢家持舘宴歌)
原文 安吉能欲波 阿加登吉左牟之 思路多倍乃 妹之衣袖 伎牟餘之母我毛
訓読 秋の夜は暁寒し白栲の妹が衣手着むよしもがも
かな あきのよは あかときさむし しろたへの いもがころもで きむよしもがも
英語(ローマ字) AKINOYOHA AKATOKISAMUSHI SHIROTAHENO IMOGAKOROMODE KIMUYOSHIMOGAMO
秋の夜の暁は寒い。(奈良の都にいる)妻の袖を枕にできるすべがないものか。
左注 (右三首掾大伴宿祢池主作)
校異
用語 天平18年8月7日、年紀、作者:大伴池主、枕詞、宴席、大伴家持、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました