万葉集 第17巻 3944番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3944番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第17巻 3944番歌

第17巻
歌番号 3944番歌
作者 大伴池主
題詞 (八月七日夜集于守大伴宿祢家持舘宴歌)
原文 乎美奈敝之 左伎多流野邊乎 由伎米具利 吉美乎念出 多母登保里伎奴
訓読 をみなへし咲きたる野辺を行き廻り君を思ひ出た廻り来ぬ
かな をみなへし さきたるのへを ゆきめぐり きみをおもひで たもとほりきぬ
英語(ローマ字) WOMINAHESHI SAKITARUNOHEWO YUKIMEGURI KIMIWOOMOHIDE TAMOTOHORIKINU
オミナエシの咲いている野辺を行きめぐり、貴君を思ってはあちこちオミナエシを探して歩きまわりました。
左注 (右三首掾大伴宿祢池主作)
校異
用語 天平18年8月7日、年紀、作者:大伴池主、植物、恋愛、宴席、大伴家持
タイトルとURLをコピーしました