万葉集 第17巻 4029番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻4029番歌はこちらにまとめました。

第17巻 4029番歌

第17巻
歌番号 4029番歌
作者 大伴家持
題詞 従珠洲郡發船還太沼郡之時泊長濱灣仰見月光作歌一首
原文 珠洲能宇美尓 安佐<妣>良伎之弖 許藝久礼婆 奈我<波>麻能宇良尓 都奇C理尓家里
訓読 珠洲の海に朝開きして漕ぎ来れば長浜の浦に月照りにけり
かな すずのうみに あさびらきして こぎくれば ながはまのうらに つきてりにけり
英語(ローマ字) SUZUNOUMINI ASABIRAKISHITE KOGIKUREBA NAGAHAMANOURANI TSUKITERINIKERI
珠洲の海に朝船出をして漕いで来ると、長浜の浦に月が照り輝いていた。
左注 右件歌詞者 依春出擧巡行諸郡 當時<當>所属目作之 大伴宿祢家持
校異 比 妣 [元][類] / 婆 波 [元][類][紀][細] / <> 當 [元]
用語 天平20年春、年紀、作者:大伴家持、地名、能登、富山、道行き、氷見、叙景、羈旅、土地讃美
タイトルとURLをコピーしました