万葉集 第17巻 4001番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻4001番歌はこちらにまとめました。

第17巻 4001番歌

第17巻
歌番号 4001番歌
作者 大伴家持
題詞 (立山賦一首[并短歌] [此山者有新<川>郡也])
原文 多知夜麻尓 布里於家流由伎乎 登己奈都尓 見礼等母安可受 加武賀良奈良之
訓読 立山に降り置ける雪を常夏に見れども飽かず神からならし
かな たちやまに ふりおけるゆきを とこなつに みれどもあかず かむからならし
英語(ローマ字) TACHIYAMANI FURIOKERUYUKIWO TOKONATSUNI MIREDOMOAKAZU KAMUKARANARASHI
立山に降り積もった雪を夏の真っ盛りに見ると、見飽きることがなく、神そのものかと思う。
左注 (四月廿七日大伴宿祢家持作之)
校異
用語 天平19年4月27日、年紀、作者:大伴家持、地名、富山、山讃美、寿歌、儀礼歌、国見、土地讃美