万葉集 第17巻 3935番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3935番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第17巻 3935番歌

第17巻
歌番号 3935番歌
作者 作者不詳
題詞 (平群氏女郎贈越中守大伴宿祢家持歌十二首)
原文 許母利奴能 之多由孤悲安麻里 志良奈美能 伊知之路久伊泥奴 比登乃師流倍久
訓読 隠り沼の下ゆ恋ひあまり白波のいちしろく出でぬ人の知るべく
かな こもりぬの したゆこひあまり しらなみの いちしろくいでぬ ひとのしるべく
英語(ローマ字) KOMORINUNO SHITAYUKOHIAMARI SHIRANAMINO ICHISHIROKUIDENU HITONOSHIRUBEKU
隠り沼の下からのように密かに恋心を抱いていましたが、思わず、白波のようにはっきり面に出てしまいました。人に気づかれるほどに。
左注 (右件十二首歌者時々寄便使来贈非在<一>度所送也)
校異
用語 作者:平群女郎、贈答、大伴家持、恋情、枕詞、人目、うわさ、女歌
タイトルとURLをコピーしました