万葉集 第17巻 4007番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻4007番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第17巻 4007番歌

第17巻
歌番号 4007番歌
作者 大伴家持
題詞 (入京漸近悲情難撥述懐一首并一絶)
原文 和我勢故<波> 多麻尓母我毛奈 保登等伎須 許恵尓安倍奴吉 手尓麻伎弖由可牟
訓読 我が背子は玉にもがもな霍公鳥声にあへ貫き手に巻きて行かむ
かな わがせこは たまにもがもな ほととぎす こゑにあへぬき てにまきてゆかむ
英語(ローマ字) WAGASEKOHA TAMANIMOGAMONA HOTOTOGISU KOゑNIAHENUKI TENIMAKITEYUKAMU
貴君がホトトギスが鳴く季節に作る薬玉(くすだま)であったなら、手に巻いて行くものを。
左注 右大伴宿祢家持贈掾大伴宿祢池主 四月卅日
校異 婆 波 [元][類]
用語 天平19年4月30日、年紀、作者:大伴家持、贈答、大伴池主、羈旅、動物、出発、悲別、恋情、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました