万葉集 第17巻 3976番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3976番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第17巻 3976番歌

第17巻
歌番号 3976番歌
作者 大伴家持
題詞 短歌<二首>
原文 佐家理等母 之良受之安良婆 母太毛安良牟 己能夜万夫吉乎 美勢追都母等奈
訓読 咲けりとも知らずしあらば黙もあらむこの山吹を見せつつもとな
かな さけりとも しらずしあらば もだもあらむ このやまぶきを みせつつもとな
英語(ローマ字) SAKERITOMO SHIRAZUSHIARABA MODAMOARAMU KONOYAMABUKIWO MISETSUTSUMOTONA
咲いたことも知らずにいたら そのまま平静でいられたでしょうに、ヤマブキの花をお見せになるものですから、しきりに見たくてなりません。
左注 (三月五日大伴宿祢家持臥病作之)
校異 惟下僕 [元] 走 / 之 走 [元][紀][細] / 抄 杪 [万葉集新考] / 粛 嘯 [元][紀][細] / <> 二首 [元][細][温]
用語 天平19年3月5日、年紀、作者:大伴家持、贈答、大伴池主、書簡、病気、怨恨、憧憬、恋情、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました