万葉集 第17巻 3948番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3948番歌はこちらにまとめました。

第17巻 3948番歌

第17巻
歌番号3948番歌
作者大伴家持
題詞(八月七日夜集于守大伴宿祢家持舘宴歌)
原文安麻射加流 比奈尓月歴奴 之可礼登毛 由比C之紐乎 登伎毛安氣奈久尓
訓読天離る鄙に月経ぬしかれども結ひてし紐を解きも開けなくに
かなあまざかる ひなにつきへぬ しかれども ゆひてしひもを ときもあけなくに
英語(ローマ字)AMAZAKARU HINANITSUKIHENU SHIKAREDOMO YUHITESHIHIMOWO TOKIMOAKENAKUNI
遠い遠い田舎にやってきてひと月が経った。けれど、妻が結んでくれた着物の紐をほどく気にならなくて。
左注右二首守大伴宿祢家持作
校異
用語天平18年8月7日、年紀、作者:大伴家持、恋愛、宴席、枕詞、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました