万葉集 第17巻 3948番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3948番歌はこちらにまとめました。

第17巻 3948番歌

第17巻
歌番号 3948番歌
作者 大伴家持
題詞 (八月七日夜集于守大伴宿祢家持舘宴歌)
原文 安麻射加流 比奈尓月歴奴 之可礼登毛 由比C之紐乎 登伎毛安氣奈久尓
訓読 天離る鄙に月経ぬしかれども結ひてし紐を解きも開けなくに
かな あまざかる ひなにつきへぬ しかれども ゆひてしひもを ときもあけなくに
英語(ローマ字) AMAZAKARU HINANITSUKIHENU SHIKAREDOMO YUHITESHIHIMOWO TOKIMOAKENAKUNI
遠い遠い田舎にやってきてひと月が経った。けれど、妻が結んでくれた着物の紐をほどく気にならなくて。
左注 右二首守大伴宿祢家持作
校異
用語 天平18年8月7日、年紀、作者:大伴家持、恋愛、宴席、枕詞、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました