万葉集 第17巻 3986番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3986番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第17巻 3986番歌

第17巻
歌番号 3986番歌
作者 大伴家持
題詞 (二上山賦一首 [此山者有射水郡也])
原文 之夫多尓能 佐伎能安里蘇尓 与須流奈美 伊夜思久思久尓 伊尓之敝於母保由
訓読 渋谿の崎の荒礒に寄する波いやしくしくにいにしへ思ほゆ
かな しぶたにの さきのありそに よするなみ いやしくしくに いにしへおもほゆ
英語(ローマ字) SHIBUTANINO SAKINOARISONI YOSURUNAMI IYASHIKUSHIKUNI INISHIHEOMOHOYU
渋谿(しぶたに)の崎の荒磯に寄せる波のように、ああしきりに昔のことが思われる。
左注 (右三月卅日依興作之 大伴宿祢家持)
校異
用語 天平19年3月30日、年紀、作者:大伴家持、地名、高岡、富山、序詞、寿歌、儀礼歌、土地讃美、依興
スポンサーリンク

解説

題詞は3985番歌から。

「渋谿(しぶたに)の崎」は前長歌参照。「しくしくに」は「しきりに」という意味。

左注は3987番歌で終わり。

タイトルとURLをコピーしました