万葉集 第17巻 3974番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3974番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第17巻 3974番歌

第17巻
歌番号 3974番歌
作者 大伴池主
題詞 (昨日述短懐今朝汗耳目 更承賜書且奉不次 死罪々々 不遺下賎頻恵 徳音 英<霊>星氣逸調過人 智水仁山既ヒ琳瑯之光彩 潘江陸海自坐詩書之廊廟 騁思非常託情有理 七歩成章數篇満紙 巧遣愁人之重患 能除戀者之積思 山柿歌泉比此如蔑 彫龍筆海粲然得看矣 方知僕之有幸也 敬和歌其詞云)
原文 夜麻夫枳波 比尓々々佐伎奴 宇流波之等 安我毛布伎美波 思久々々於毛保由
訓読 山吹は日に日に咲きぬうるはしと我が思ふ君はしくしく思ほゆ
かな やまぶきは ひにひにさきぬ うるはしと あがもふきみは しくしくおもほゆ
英語(ローマ字) YAMABUKIHA HINIHINISAKINU URUHASHITO AGAMOFUKIMIHA SHIKUSHIKUOMOHOYU
ヤマブキは日ごとに咲くように、うるわしいあなたがしきりに思われてなりません。
左注 (三月五日大伴宿祢池主)
校異
用語 天平19年3月5日、年紀、作者:大伴池主、贈答、大伴家持、恋情、遊覧、書簡、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました