万葉集 第17巻 3975番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3975番歌はこちらにまとめました。

第17巻 3975番歌

第17巻
歌番号3975番歌
作者大伴池主
題詞(昨日述短懐今朝汗耳目 更承賜書且奉不次 死罪々々 不遺下賎頻恵 徳音 英<霊>星氣逸調過人 智水仁山既ヒ琳瑯之光彩 潘江陸海自坐詩書之廊廟 騁思非常託情有理 七歩成章數篇満紙 巧遣愁人之重患 能除戀者之積思 山柿歌泉比此如蔑 彫龍筆海粲然得看矣 方知僕之有幸也 敬和歌其詞云)
原文和賀勢故邇 古非須敝奈賀利 安之可伎能 保可尓奈氣加布 安礼之可奈思母
訓読我が背子に恋ひすべながり葦垣の外に嘆かふ我れし悲しも
かなわがせこに こひすべながり あしかきの ほかになげかふ あれしかなしも
英語(ローマ字)WAGASEKONI KOHISUBENAGARI ASHIKAKINO HOKANINAGEKAFU ARESHIKANASHIMO
あなたを思うとどうしようもなく、葦(あし)の垣根の外から嘆くしかない私は悲しい。
左注三月五日大伴宿祢池主
校異
用語天平19年3月5日、年紀、作者:大伴池主、贈答、大伴家持、恋情、遊覧、書簡、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました