万葉集 第17巻 4027番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻4027番歌はこちらにまとめました。

第17巻 4027番歌

第17巻
歌番号 4027番歌
作者 大伴家持
題詞 (能登郡従香嶋津發船射熊来村徃時作歌二首)
原文 香嶋欲里 久麻吉乎左之C 許具布祢能 河治等流間奈久 京<師>之於母<倍>由
訓読 香島より熊来をさして漕ぐ船の楫取る間なく都し思ほゆ
かな かしまより くまきをさして こぐふねの かぢとるまなく みやこしおもほゆ
英語(ローマ字) KASHIMAYORI KUMAKIWOSASHITE KOGUFUNENO KADITORUMANAKU MIYAKOSHIOMOHOYU
香島から熊来に向かって舟を漕いでいく。梶を取る暇がないほど都のことがひっきりなしに思われる。
左注 (右件歌詞者 依春出擧巡行諸郡 當時<當>所属目作之 大伴宿祢家持)
校異 都 師 [元][類][細] / 保 倍 [元][類]
用語 天平20年春、年紀、作者:大伴家持、地名、富山、能登、羈旅、部内巡航、望郷、序詞
タイトルとURLをコピーしました