万葉集 第17巻 3934番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3934番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第17巻 3934番歌

第17巻
歌番号 3934番歌
作者 作者不詳
題詞 (平群氏女郎贈越中守大伴宿祢家持歌十二首)
原文 奈加奈可尓 之奈婆夜須家牟 伎美我目乎 美受比佐奈良婆 須敝奈可流倍思
訓読 なかなかに死なば安けむ君が目を見ず久ならばすべなかるべし
かな なかなかに しなばやすけむ きみがめを みずひさならば すべなかるべし
英語(ローマ字) NAKANAKANI SHINABAYASUKEMU KIMIGAMEWO MIZUHISANARABA SUBENAKARUBESHI
なまじっか死んでしまえば心安らかでしょう。あなたにお逢いできないまま久しくなれば、この私はどうしたらいいのでしょう。
左注 (右件十二首歌者時々寄便使来贈非在<一>度所送也)
校異
用語 作者:平群女郎、贈答、大伴家持、恋情、悲別、女歌
タイトルとURLをコピーしました