万葉集 第17巻 3927番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3927番歌はこちらにまとめました。

第17巻 3927番歌

第17巻
歌番号3927番歌
作者坂上郎女
題詞大伴宿祢家持以天平十八年閏七月被任越中國守 即取七月赴任所於時 姑大伴氏坂上郎女贈家持歌二首
原文久佐麻久良 多妣由久吉美乎 佐伎久安礼等 伊波比倍須恵都 安我登許能敝尓
訓読草枕旅行く君を幸くあれと斎瓮据ゑつ我が床の辺に
かなくさまくら たびゆくきみを さきくあれと いはひへすゑつ あがとこのへに
英語(ローマ字)KUSAMAKURA TABIYUKUKIMIWO SAKIKUARETO IHAHIHESUゑTSU AGATOKONOHENI
任地に赴くあなたに幸いあれと祈るために、斎瓮(いわいべ)を据えつけています。私の床の辺に。
左注
校異天平十八年閏 [元] 閏
用語天平18年閏7月、年紀、作者:坂上郎女、贈答、枕詞、出発、羈旅、女歌、神祭り、大伴家持
タイトルとURLをコピーしました