万葉集 第17巻 3968番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3968番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第17巻 3968番歌

第17巻
歌番号 3968番歌
作者 大伴池主
題詞 (忽辱芳音翰苑凌雲 兼垂倭詩詞林舒錦 以吟以詠能ニ戀緒春可樂 暮春風景最可怜 紅桃灼々戯蝶廻花N 翠柳依々嬌鴬隠葉歌 可樂哉 淡交促席得意忘言 樂矣美矣 幽襟足賞哉豈慮乎蘭ツ隔テ琴チ無用 空過令節物色軽人乎 所怨有此不能<黙><已> 俗語云以藤續錦 聊擬談咲耳)
原文 宇具比須能 伎奈久夜麻夫伎 宇多賀多母 伎美我手敷礼受 波奈知良米夜母
訓読 鴬の来鳴く山吹うたがたも君が手触れず花散らめやも
かな うぐひすの きなくやまぶき うたがたも きみがてふれず はなちらめやも
英語(ローマ字) UGUHISUNO KINAKUYAMABUKI UTAGATAMO KIMIGATEFUREZU HANACHIRAMEYAMO
ウグイスがやってきて鳴くヤマブキの花、決してあなたが手に取るまで散ってしまうことはないでしょう。
左注 沽洗二日掾大伴宿祢池主
校異
用語 天平19年3月2日、年紀、作者:大伴池主、贈答、大伴家持、病気、慰撫、動物、書簡、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました