万葉集 第17巻 4020番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻4020番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第17巻 4020番歌

第17巻
歌番号 4020番歌
作者 大伴家持
題詞
原文 故之能宇美能 信濃[濱名也]乃波麻乎 由伎久良之 奈我伎波流比毛 和須礼弖於毛倍也
訓読 越の海の信濃[濱名也]の浜を行き暮らし長き春日も忘れて思へや
かな こしのうみの しなぬ のはまを ゆきくらし ながきはるひも わすれておもへや
英語(ローマ字) KOSHINOUMINO SHINANU NOHAMAWO YUKIKURASHI NAGAKIHARUHIMO WASURETEOMOHEYA
越の海の信濃の浜を行きつ戻りつして暮らしているが、長い春の一日も片時も故郷を忘れることはない。
左注 右四首天平廿年春正月廿九日大伴宿祢家持
校異 天平廿 [元] 廿
用語 天平20年1月29日、年紀、作者:大伴家持、地名、高岡、富山、望郷
タイトルとURLをコピーしました