万葉集 第17巻 3897番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3897番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第17巻 3897番歌

第17巻
歌番号 3897番歌
作者 作者不詳
題詞 (天平二年庚午冬十一月大宰帥大伴卿被任大納言 [兼帥如舊]上京之時ソ従等別取海路入京 於是悲傷羇旅各陳所心作歌十首)
原文 大海乃 於久可母之良受 由久和礼乎 何時伎麻佐武等 問之兒<良>波母
訓読 大海の奥かも知らず行く我れをいつ来まさむと問ひし子らはも
かな おほうみの おくかもしらず ゆくわれを いつきまさむと とひしこらはも
英語(ローマ字) OHOUMINO OKUKAMOSHIRAZU YUKUWAREWO ITSUKIMASAMUTO TOHISHIKORAHAMO
大海の行く果てもしれない海路に出かけるのに、いつお帰りになりますかと問いかけた、いとしい彼女は。
左注 (右九首作者不審姓名)
校異 等 良 [元][類]
用語 天平2年11月、年紀、旅人従者、羈旅、望郷、恋情、遊行女婦、大伴旅人
タイトルとURLをコピーしました