万葉集 第17巻 3913番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3913番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第17巻 3913番歌

第17巻
歌番号 3913番歌
作者 大伴家持
題詞 (橙橘初咲霍<公>鳥飜嚶 對此時候タ不暢志 因作三首短歌以散欝結之緒耳)
原文 保登等藝須 安不知能枝尓 由吉底居者 花波知良牟奈 珠登見流麻泥
訓読 霍公鳥楝の枝に行きて居ば花は散らむな玉と見るまで
かな ほととぎす あふちのえだに ゆきてゐば はなはちらむな たまとみるまで
英語(ローマ字) HOTOTOGISU AFUCHINOEDANI YUKITEゐBA HANAHACHIRAMUNA TAMATOMIRUMADE
ホトトギスがセンダンの枝にやってきてとまるようになったら、花が散って玉のような実がなる季節までやってくるだろうか。
左注 右四月三日内舎人大伴宿祢家持従久邇京報送弟書持
校異
用語 天平13年4月3日、年紀、作者:大伴家持、恭仁京、京都、動物、植物、大伴書持
タイトルとURLをコピーしました