万葉集 第17巻 3914番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3914番歌はこちらにまとめました。

第17巻 3914番歌

第17巻
歌番号 3914番歌
作者 作者不詳
題詞 思霍公鳥歌一首 田口朝臣馬長作
原文 保登等藝須 今之来鳴者 餘呂豆代尓 可多理都具倍久 所念可母
訓読 霍公鳥今し来鳴かば万代に語り継ぐべく思ほゆるかも
かな ほととぎす いましきなかば よろづよに かたりつぐべく おもほゆるかも
英語(ローマ字) HOTOTOGISU IMASHIKINAKABA YORODUYONI KATARITSUGUBEKU OMOHOYURUKAMO
ホトトギスが今ここにやってきて鳴いてくれたら、未来永劫の語りぐさになるだろうに。
左注 右傳云 一時交遊集宴 此日此處霍公鳥不喧 仍作件歌 以陳思慕之意 但其宴所并年月未得詳審也
校異 歌 [西] 謌 / 霍公 [類] 霍
用語 作者:田口馬長、動物、誦詠、宴席、伝誦
タイトルとURLをコピーしました