万葉集 第17巻 3992番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3992番歌はこちらにまとめました。

第17巻 3992番歌

第17巻
歌番号 3992番歌
作者 大伴家持
題詞 (遊覧布勢水海賦一首[并短歌] [此海者有射水郡舊江村也])
原文 布勢能宇美能 意枳都之良奈美 安利我欲比 伊夜登偲能波尓 見都追思<努>播牟
訓読 布勢の海の沖つ白波あり通ひいや年のはに見つつ偲はむ
かな ふせのうみの おきつしらなみ ありがよひ いやとしのはに みつつしのはむ
英語(ローマ字) FUSENOUMINO OKITSUSHIRANAMI ARIGAYOHI IYATOSHINOHANI MITSUTSUSHINOHAMU
布勢の海の沖から寄せ来る白波のように、いつもやってきては毎年賞味したいものよ。
左注 右守大伴宿祢家持作之 [四月廿四日]
校異 奴 努 [類][紀][細]
用語 天平19年4月24日、年紀、作者:大伴家持、遊覧、土地讃美、地名、氷見、富山、寿歌
タイトルとURLをコピーしました