万葉集 第17巻 3989番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3989番歌はこちらにまとめました。

第17巻 3989番歌

第17巻
歌番号3989番歌
作者大伴家持
題詞大目秦忌寸八千嶋之舘餞守大伴宿祢家持宴歌二首
原文奈呉能宇美能 意吉都之良奈美 志苦思苦尓 於毛保要武可母 多知和可礼奈<婆>
訓読奈呉の海の沖つ白波しくしくに思ほえむかも立ち別れなば
かななごのうみの おきつしらなみ しくしくに おもほえむかも たちわかれなば
英語(ローマ字)NAGONOUMINO OKITSUSHIRANAMI SHIKUSHIKUNI OMOHOEMUKAMO TACHIWAKARENABA
奈呉の海の沖からの白波がしきりに寄せてくるように、しきりにみなさんのことが思い出されるでしょうね。このまま別れた後は。
左注(右守大伴宿祢家持以正税帳須入京師 仍作此歌聊陳送別之嘆 [四月廿日])
校異波 婆 [元]
用語天平19年4月20日、年紀、作者:大伴家持、宴席、恋情、羈旅、出発、悲別、地名、富山、高岡、序詞、秦八千島
タイトルとURLをコピーしました