万葉集 第17巻 3988番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3988番歌はこちらにまとめました。

第17巻 3988番歌

第17巻
歌番号 3988番歌
作者 大伴家持
題詞 四月十六日夜裏遥聞霍公鳥喧述懐歌一首
原文 奴婆多麻<乃> 都奇尓牟加比C 保登等藝須 奈久於登波流氣之 佐刀騰保美可聞
訓読 ぬばたまの月に向ひて霍公鳥鳴く音遥けし里遠みかも
かな ぬばたまの つきにむかひて ほととぎす なくおとはるけし さとどほみかも
英語(ローマ字) NUBATAMANO TSUKINIMUKAHITE HOTOTOGISU NAKUOTOHARUKESHI SATODOHOMIKAMO
夜空の月に向かって鳴くホトトギスの声が遙か遠方から聞こえてくる。山中にいて里が遠いからだろうか。
左注 右大伴宿祢家持作之
校異 能 乃 [元][類] / 右 [元] 右一首
用語 天平19年4月16日、年紀、作者:大伴家持、枕詞、動物、叙景
タイトルとURLをコピーしました