万葉集 第17巻 3900番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3900番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第17巻 3900番歌

第17巻
歌番号 3900番歌
作者 大伴家持
題詞 十年七月七日之夜獨仰天漢聊述懐一首
原文 多奈波多之 船乗須良之 麻蘇鏡 吉欲伎月夜尓 雲起和多流
訓読 織女し舟乗りすらしまそ鏡清き月夜に雲立ちわたる
かな たなばたし ふなのりすらし まそかがみ きよきつくよに くもたちわたる
英語(ローマ字) TANABATASHI FUNANORISURASHI MASOKAGAMI KIYOKITSUKUYONI KUMOTACHIWATARU
織り姫は今船に乗り込むようだ。美しい鏡のように、澄み切った月夜。今しも雲が流れてゆく。
左注 右一首大伴宿祢家持作
校異
用語 天平10年7月7日、年紀、作者:大伴家持、七夕、独詠、枕詞、織女渡河
タイトルとURLをコピーしました