万葉集 第17巻 3899番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3899番歌はこちらにまとめました。

第17巻 3899番歌

第17巻
歌番号 3899番歌
作者 作者不詳
題詞 (天平二年庚午冬十一月大宰帥大伴卿被任大納言 [兼帥如舊]上京之時ソ従等別取海路入京 於是悲傷羇旅各陳所心作歌十首)
原文 海未通女 伊射里多久火能 於煩保之久 都努乃松原 於母保由流可<問>
訓読 海人娘子漁り焚く火のおぼほしく角の松原思ほゆるかも
かな あまをとめ いざりたくひの おぼほしく つののまつばら おもほゆるかも
英語(ローマ字) AMAWOTOME IZARITAKUHINO OBOHOSHIKU TSUNONOMATSUBARA OMOHOYURUKAMO
海人娘子(あまをとめ)が焚く漁の火がぼんやりと見えるように、都努の松原がぼんやりと思い出される。
左注 右九首作者不審姓名
校異 聞 問 [元][類]
用語 天平2年11月、年紀、旅人従者、大伴旅人、序詞、地名、西宮、兵庫、旅情
タイトルとURLをコピーしました