万葉集 第17巻 3965番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3965番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第17巻 3965番歌

第17巻
歌番号 3965番歌
作者 大伴家持
題詞 守大伴宿祢家持贈大伴宿祢池主悲歌二首 / 忽沈枉疾累旬痛苦 祷恃百神且得消損 而由身體疼羸筋力怯軟 未堪展謝係戀弥深 方今春朝春花流馥於春苑 春暮春鴬囀聲於春林 對此節候琴チ可翫矣 雖有乗興之感不耐策杖之勞 獨臥帷幄之裏 聊作寸分之歌 軽奉机下犯解玉頤 其詞曰
原文 波流能波奈 伊麻波左加里尓 仁保布良牟 乎里C加射佐武 多治可良毛我母
訓読 春の花今は盛りににほふらむ折りてかざさむ手力もがも
かな はるのはな いまはさかりに にほふらむ をりてかざさむ たぢからもがも
英語(ローマ字) HARUNOHANA IMAHASAKARINI NIHOFURAMU WORITEKAZASAMU TADIKARAMOGAMO
春の花、今は盛りと咲きにおうことだろう。折ってかざす力が手にありません、その力がほしい。
左注 (<二>月廿九日大伴宿祢家持)
校異 沈 [元] 染
用語 天平19年2月29日、年紀、作者:大伴家持、大伴池主、贈答、病気、贈答、悲嘆、書簡、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました