万葉集 第17巻 3970番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3970番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第17巻 3970番歌

第17巻
歌番号 3970番歌
作者 大伴家持
題詞 (更贈歌一首[并短歌] / 含弘之徳垂恩蓬体不貲之思報慰陋心 載荷<来眷>無堪所喩也 但以稚時不渉遊藝之庭 横翰之藻自乏<乎>彫蟲焉 幼年未逕山柿之門 裁歌之趣 詞失<乎>聚林矣 爰辱以藤續錦之言更題将石間瓊之詠 <固>是俗愚懐癖 不能黙已 仍捧數行式酬嗤咲其詞曰)
原文 安之比奇能 夜麻佐久良婆奈 比等目太尓 伎美等之見C婆 安礼古<非>米夜母
訓読 あしひきの山桜花一目だに君とし見てば我れ恋ひめやも
かな あしひきの やまさくらばな ひとめだに きみとしみてば あれこひめやも
英語(ローマ字) ASHIHIKINO YAMASAKURABANA HITOMEDANI KIMITOSHIMITEBA AREKOHIMEYAMO
山に咲くあの桜の花を一目なりとあなたと一緒に見られたら、こんなにあなたのことを恋しく思うでしょうか。
左注 (三月三日大伴宿祢家持)
校異 悲 非 [元][類][細]
用語 天平19年3月3日、年紀、作者:大伴家持、贈答、大伴池主、、書簡、枕詞、植物、恋情、悲嘆、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました