万葉集 第17巻 4024番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻4024番歌はこちらにまとめました。

第17巻 4024番歌

第17巻
歌番号 4024番歌
作者 大伴家持
題詞 新川郡渡延槻河時作歌一首
原文 多知夜麻乃 由吉之久良之毛 波比都奇能 可波能和多理瀬 安夫美都加須毛
訓読 立山の雪し消らしも延槻の川の渡り瀬鐙漬かすも
かな たちやまの ゆきしくらしも はひつきの かはのわたりせ あぶみつかすも
英語(ローマ字) TACHIYAMANO YUKISHIKURASHIMO HAHITSUKINO KAHANOWATARISE ABUMITSUKASUMO
立山の雪が溶け出してきたのだろうか。早月川の渡瀬を渡るとき、鐙(あぶみ)が浸かってしまった。
左注 (右件歌詞者 依春出擧巡行諸郡 當時<當>所属目作之 大伴宿祢家持)
校異
用語 天平20年春、年紀、作者:大伴家持、地名、富山、部内巡航、羈旅
タイトルとURLをコピーしました