万葉集 第17巻 4025番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻4025番歌はこちらにまとめました。

第17巻 4025番歌

第17巻
歌番号 4025番歌
作者 大伴家持
題詞 赴参<氣>太神宮行海邊之時作歌一首
原文 之乎路可良 多太古要久礼婆 波久比能海 安佐奈藝思多理 船梶母我毛
訓読 志雄路から直越え来れば羽咋の海朝なぎしたり船楫もがも
かな しをぢから ただこえくれば はくひのうみ あさなぎしたり ふなかぢもがも
英語(ローマ字) SHIWODIKARA TADAKOEKUREBA HAKUHINOUMI ASANAGISHITARI FUNAKADIMOGAMO
志雄(しを)街道からまっすぐ越えてくると、羽咋(はくひ)の海は朝なぎ時だった。こんな時、舟の梶でもあればよいものを。
左注 (右件歌詞者 依春出擧巡行諸郡 當時<當>所属目作之 大伴宿祢家持)
校異 氣比 氣 [元][類]
用語 天平20年春、年紀、作者:大伴家持、地名、石川、部内巡航、能登、叙景、羽咋、羈旅
タイトルとURLをコピーしました