万葉集 第17巻 4023番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻4023番歌はこちらにまとめました。

第17巻 4023番歌

第17巻
歌番号 4023番歌
作者 大伴家持
題詞 見潜鵜人作歌一首
原文 賣比河波能 波夜伎瀬其等尓 可我里佐之 夜蘇登毛乃乎波 宇加波多知家里
訓読 婦負川の早き瀬ごとに篝さし八十伴の男は鵜川立ちけり
かな めひがはの はやきせごとに かがりさし やそとものをは うかはたちけり
英語(ローマ字) MEHIGAHANO HAYAKISEGOTONI KAGARISASHI YASOTOMONOWOHA UKAHATACHIKERI
婦負(ねひ)川の早き瀬ごとに篝火を焚き、鵜飼い役の男たちは鵜を操っている。
左注 (右件歌詞者 依春出擧巡行諸郡 當時<當>所属目作之 大伴宿祢家持)
校異
用語 天平20年春、年紀、作者:大伴家持、地名、富山、動物、叙景、部内巡航、羈旅
タイトルとURLをコピーしました