万葉集 第17巻 4019番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻4019番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第17巻 4019番歌

第17巻
歌番号 4019番歌
作者 大伴家持
題詞
原文 安麻射可流 比奈等毛之流久 許己太久母 之氣伎孤悲可毛 奈具流日毛奈久
訓読 天離る鄙ともしるくここだくも繁き恋かもなぐる日もなく
かな あまざかる ひなともしるく ここだくも しげきこひかも なぐるひもなく
英語(ローマ字) AMAZAKARU HINATOMOSHIRUKU KOKODAKUMO SHIGEKIKOHIKAMO NAGURUHIMONAKU
遠く遠く離れた田舎(なご)の地とはなるほどもっともだ。しきりに故郷が恋しくて、心やわらぐ日とてない。
左注 (右四首天平廿年春正月廿九日大伴宿祢家持)
校異
用語 天平20年1月29日、年紀、作者:大伴家持、枕詞、望郷
タイトルとURLをコピーしました