万葉集 第17巻 3932番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3932番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第17巻 3932番歌

第17巻
歌番号 3932番歌
作者 作者不詳
題詞 (平群氏女郎贈越中守大伴宿祢家持歌十二首)
原文 須麻比等乃 海邊都祢佐良受 夜久之保能 可良吉戀乎母 安礼波須流香物
訓読 須磨人の海辺常去らず焼く塩の辛き恋をも我れはするかも
かな すまひとの うみへつねさらず やくしほの からきこひをも あれはするかも
英語(ローマ字) SUMAHITONO UMIHETSUNESARAZU YAKUSHIHONO KARAKIKOHIWOMO AREHASURUKAMO
須磨の海人(あま)がいつも海岸で焼く塩のような、そんな辛い恋を私はしている。
左注 (右件十二首歌者時々寄便使来贈非在<一>度所送也)
校異
用語 作者:平群女郎、序詞、贈答、大伴家持、恋情、地名、兵庫、女歌
タイトルとURLをコピーしました