万葉集 第17巻 4004番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻4004番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第17巻 4004番歌

第17巻
歌番号 4004番歌
作者 大伴池主
題詞 (敬和立山賦一首并二絶)
原文 多知夜麻尓 布理於家流由伎能 等許奈都尓 氣受弖和多流波 可無奈我良等曽
訓読 立山に降り置ける雪の常夏に消ずてわたるは神ながらとぞ
かな たちやまに ふりおけるゆきの とこなつに けずてわたるは かむながらとぞ
英語(ローマ字) TACHIYAMANI FURIOKERUYUKINO TOKONATSUNI KEZUTEWATARUHA KAMUNAGARATOZO
立山に降り積もった雪が夏の盛りにも消えずに残り続ける。その御姿は神のままでいらっしゃるからでこそ。
左注 (右掾大伴宿祢池主和之 四月廿八日)
校異
用語 天平19年4月28日、年紀、作者:大伴池主、唱和、大伴家持、土地讃美、地名、富山、山讃美、儀礼歌、寿歌
タイトルとURLをコピーしました