万葉集 第17巻 3933番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3933番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第17巻 3933番歌

第17巻
歌番号 3933番歌
作者 作者不詳
題詞 (平群氏女郎贈越中守大伴宿祢家持歌十二首)
原文 阿里佐利底 能知毛相牟等 於母倍許曽 都由能伊乃知母 都藝都追和多礼
訓読 ありさりて後も逢はむと思へこそ露の命も継ぎつつ渡れ
かな ありさりて のちもあはむと おもへこそ つゆのいのちも つぎつつわたれ
英語(ローマ字) ARISARITE NOCHIMOAHAMUTO OMOHEKOSO TSUYUNOINOCHIMO TSUGITSUTSUWATARE
このままでいて、後も逢おうと思うからこそ、露のようなはかないこの命を生きながらえています。
左注 (右件十二首歌者時々寄便使来贈非在<一>度所送也)
校異
用語 作者:平群女郎、贈答、大伴家持、恋情、怨恨、悲別、女歌
タイトルとURLをコピーしました