万葉集 第17巻 3963番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3963番歌はこちらにまとめました。

第17巻 3963番歌

第17巻
歌番号 3963番歌
作者 大伴家持
題詞 (忽沈<枉>疾殆臨泉路 仍作歌詞以申悲緒一首[并短歌])
原文 世間波 加受奈枳物能可 春花乃 知里能麻我比尓 思奴倍吉於母倍婆
訓読 世間は数なきものか春花の散りのまがひに死ぬべき思へば
かな よのなかは かずなきものか はるはなの ちりのまがひに しぬべきおもへば
英語(ローマ字) YONONAKAHA KAZUNAKIMONOKA HARUHANANO CHIRINOMAGAHINI SHINUBEKIOMOHEBA
この世はなんとはかないものだろう。春の桜がはらはらと散り乱れるように死んでいくかと思えば。
左注 (右天平十九年春二月廿日越中國守之舘臥病悲傷聊作此歌)
校異
用語 天平19年2月20日、年紀、作者:大伴家持、病気、悲嘆、無常、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました