万葉集 第17巻 3939番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3939番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第17巻 3939番歌

第17巻
歌番号 3939番歌
作者 作者不詳
題詞 (平群氏女郎贈越中守大伴宿祢家持歌十二首)
原文 佐刀知加久 伎美我奈里那婆 古非米也等 母登奈於毛比此 安連曽久夜思伎
訓読 里近く君がなりなば恋ひめやともとな思ひし我れぞ悔しき
かな さとちかく きみがなりなば こひめやと もとなおもひし あれぞくやしき
英語(ローマ字) SATOCHIKAKU KIMIGANARINABA KOHIMEYATO MOTONAOMOHISHI AREZOKUYASHIKI
里近くにあなたが生活していらっしゃれば、(それがあたりまえで)恋しいなどと思わなかったでしょうに、今ではしきりに恋しい、そんな私が悔しくてなりません。
左注 (右件十二首歌者時々寄便使来贈非在<一>度所送也)
校異
用語 作者:平群女郎、贈答、大伴家持、恋情、悲別、女歌
タイトルとURLをコピーしました