万葉集 第17巻 3954番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3954番歌はこちらにまとめました。

第17巻 3954番歌

第17巻
歌番号 3954番歌
作者 大伴家持
題詞 (八月七日夜集于守大伴宿祢家持舘宴歌)
原文 馬並C 伊射宇知由可奈 思夫多尓能 伎欲吉伊蘇<未>尓 与須流奈弥見尓
訓読 馬並めていざ打ち行かな渋谿の清き礒廻に寄する波見に
かな うまなめて いざうちゆかな しぶたにの きよきいそみに よするなみみに
英語(ローマ字) UMANAMETE IZAUCHIYUKANA SHIBUTANINO KIYOKIISOMINI YOSURUNAMIMINI
さあ、馬を並べていざ打ち行こうではないか、あの渋谿の清らかな磯のあたりに寄せ来る波を見に。
左注 右二首守大伴宿祢家持
校異 末 未 [温]
用語 天平18年8月7日、年紀、作者:大伴家持、宴席、遊覧、地名、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました