万葉集 第17巻 3955番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3955番歌はこちらにまとめました。

第17巻 3955番歌

第17巻
歌番号 3955番歌
作者 土師道良
題詞 (八月七日夜集于守大伴宿祢家持舘宴歌)
原文 奴婆多麻乃 欲波布氣奴良之 多末久之氣 敷多我美夜麻尓 月加多夫伎奴
訓読 ぬばたまの夜は更けぬらし玉櫛笥二上山に月かたぶきぬ
かな ぬばたまの よはふけぬらし たまくしげ ふたがみやまに つきかたぶきぬ
英語(ローマ字) NUBATAMANO YOHAFUKENURASHI TAMAKUSHIGE FUTAGAMIYAMANI TSUKIKATABUKINU
夜が更けてきたようだ。二上山に月が傾いてきた。
左注 右一首史生土師宿祢道良
校異
用語 天平18年8月7日、年紀、作者:土師道良、宴席、地名、高岡、富山、大伴家持、枕詞、終宴、叙景
タイトルとURLをコピーしました