万葉集 第17巻 3912番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3912番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第17巻 3912番歌

第17巻
歌番号 3912番歌
作者 大伴家持
題詞 (橙橘初咲霍<公>鳥飜嚶 對此時候タ不暢志 因作三首短歌以散欝結之緒耳)
原文 保登等藝須 奈尓乃情曽 多知花乃 多麻奴久月之 来鳴登餘牟流
訓読 霍公鳥何の心ぞ橘の玉貫く月し来鳴き響むる
かな ほととぎす なにのこころぞ たちばなの たまぬくつきし きなきとよむる
英語(ローマ字) HOTOTOGISU NANINOKOKOROZO TACHIBANANO TAMANUKUTSUKISHI KINAKITOYOMURU
ホトトギスは何を思って、橘の実を貫く五月にやってきて鳴き騒ぐのだろう。
左注 (右四月三日内舎人大伴宿祢家持従久邇京報送弟書持)
校異
用語 天平13年4月3日、年紀、作者:大伴家持、動物、植物、贈答、大伴書持、恭仁京、京都
タイトルとURLをコピーしました