万葉集 第17巻 3961番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3961番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第17巻 3961番歌

第17巻
歌番号 3961番歌
作者 大伴家持
題詞 (相歡歌二首 越中守大伴宿祢家持作)
原文 白浪乃 余須流伊蘇<未>乎 榜船乃 可治登流間奈久 於母保要之伎美
訓読 白波の寄する礒廻を漕ぐ舟の楫取る間なく思ほえし君
かな しらなみの よするいそみを こぐふねの かぢとるまなく おもほえしきみ
英語(ローマ字) SHIRANAMINO YOSURUISOMIWO KOGUFUNENO KADITORUMANAKU OMOHOESHIKIMI
白波が寄せてくる磯のあたりを漕ぐとき梶を取るのに忙しいが、そんな梶さえ取る暇もないほど、あなたのことを思い続けている。
左注 右以天平十八年八月掾大伴宿祢池主附大帳使赴向京師 而同年十一月還到本任 仍設詩酒之宴弾絲飲樂 是<日>也白雪忽降積地尺餘 此時也復漁夫之船入海浮瀾 爰守大伴宿祢家持寄情二眺聊裁所心
校異 末 未 [温] / 天平十八年八月 [元] 八月 / <> 日 [元][類][紀]
用語 天平18年11月、年紀、作者:大伴家持、宴席、大伴池主、恋情、寄物陳思、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました