万葉集 第17巻 3941番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3941番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第17巻 3941番歌

第17巻
歌番号 3941番歌
作者 作者不詳
題詞 (平群氏女郎贈越中守大伴宿祢家持歌十二首)
原文 鴬能 奈久々良多尓々 宇知波米C 夜氣波之奴等母 伎美乎之麻多武
訓読 鴬の鳴くくら谷にうちはめて焼けは死ぬとも君をし待たむ
かな うぐひすの なくくらたにに うちはめて やけはしぬとも きみをしまたむ
英語(ローマ字) UGUHISUNO NAKUKURATANINI UCHIHAMETE YAKEHASHINUTOMO KIMIWOSHIMATAMU
鴬が鳴く深い谷間にうちはさまって、たとえ焼け死のうと、ただあなたをお待ちします。
左注 (右件十二首歌者時々寄便使来贈非在<一>度所送也)
校異
用語 作者:平群女郎、動物、贈答、大伴家持、恋情、女歌
タイトルとURLをコピーしました