万葉集 第17巻 3905番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3905番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第17巻 3905番歌

第17巻
歌番号 3905番歌
作者 大伴書持
題詞 (追和<大>宰之時梅花新歌六首)
原文 遊内乃 多努之吉庭尓 梅柳 乎理加謝思底<婆> 意毛比奈美可毛
訓読 遊ぶ内の楽しき庭に梅柳折りかざしてば思ひなみかも
かな あそぶうちの たのしきにはに うめやなぎ をりかざしてば おもひなみかも
英語(ローマ字) ASOBUUCHINO TANOSHIKINIHANI UMEYANAGI WORIKAZASHITEBA OMOHINAMIKAMO
みんなでわいわい騒ぐ楽しい庭遊び、梅や柳を折り、頭にかざして遊んだのち、何の心残りも訪れないのだろうか。
左注 (右十二年十<二>月九日大伴宿祢<書>持作)
校異 謝 [元][京] 射 / 波 婆 [元][類][細]
用語 天平12年12月9日、年紀、作者:大伴書持、追和、梅花宴、植物
タイトルとURLをコピーしました