万葉集 第17巻 3996番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3996番歌はこちらにまとめました。

第17巻 3996番歌

第17巻
歌番号 3996番歌
作者 内蔵縄麻呂
題詞 (四月廿六日掾大伴宿祢池主之舘餞税帳使守大伴宿祢家持宴歌并古歌四首)
原文 和我勢古我 久尓敝麻之奈婆 保等登藝須 奈可牟佐都奇波 佐夫之家牟可母
訓読 我が背子が国へましなば霍公鳥鳴かむ五月は寂しけむかも
かな わがせこが くにへましなば ほととぎす なかむさつきは さぶしけむかも
英語(ローマ字) WAGASEKOGA KUNIHEMASHINABA HOTOTOGISU NAKAMUSATSUKIHA SABUSHIKEMUKAMO
貴君が奈良の国元へいらっしゃったら、ホトトギスが鳴く夏五月は寂しくてたまりません。
左注 右一首介内蔵忌寸縄麻呂作之
校異
用語 天平19年4月26日、年紀、作者:内蔵縄麻呂、動物、宴席、餞別、羈旅、出発、大伴家持、大伴池主、恋情、悲別、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました