万葉集 第17巻 3890番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3890番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第17巻 3890番歌

第17巻
歌番号 3890番歌
作者 三野石守
題詞 天平二年庚午冬十一月大宰帥大伴卿被任大納言 [兼帥如舊]上京之時ソ従等別取海路入京 於是悲傷羇旅各陳所心作歌十首
原文 和我勢兒乎 安我松原欲 見度婆 安麻乎等女登母 多麻藻可流美由
訓読 我が背子を安我松原よ見わたせば海人娘子ども玉藻刈る見ゆ
かな わがせこを あがまつばらよ みわたせば あまをとめども たまもかるみゆ
英語(ローマ字) WAGASEKOWO AGAMATSUBARAYO MIWATASEBA AMAWOTOMEDOMO TAMAMOKARUMIYU
我が友を待つという、その松原より見わたすと、海人(あま)の娘子(おとめ)たちが藻を刈り取っているのが見える。
左注 右一首三野連石守作
校異 羇 [元][紀][細](塙) 羈
用語 天平2年11月、年紀、作者:三野石守、旅人従者、羈旅、大伴旅人、帰京、地名、北九州、福岡、叙景、枕詞
タイトルとURLをコピーしました