万葉集 第16巻 3889番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3889番歌はこちらにまとめました。

第16巻 3889番歌

第16巻
歌番号 3889番歌
作者 作者不詳
題詞 (怕物歌三首)
原文 人魂乃 佐青有<公>之 但獨 相有之雨夜<乃> 葉非左思所念
訓読 人魂のさ青なる君がただひとり逢へりし雨夜の葉非左し思ほゆ
かな ひとたまの さをなるきみが ただひとり あへりしあまよの ***しおもほゆ
英語(ローマ字) HITOTAMANO SAWONARUKIMIGA TADAHITORI AHERISHIAMAYONO ***SHIOMOHOYU
人魂である君がただひとりさまよっている。その君に私は雨の夜に出会い、君は離れずについてくるように思える。
左注
校異 君 公 [類][古][紀] / <> 乃 [尼][類][古]
用語 雑歌、難訓、恐怖、宴席、誦詠
タイトルとURLをコピーしました