万葉集 第16巻 3793番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3793番歌はこちらにまとめました。

第16巻 3793番歌

第16巻
歌番号 3793番歌
作者 竹取翁
題詞 ((昔有老翁 号曰竹取翁也 此翁季春之月登丘遠望 忽値煮羮之九箇女子也 百嬌無儔花容無止 于時娘子等呼老翁嗤曰 叔父来乎 吹此燭火也 於是翁曰唯<々> 漸T徐行著接座上 良久娘子等皆共含咲相推譲之曰 阿誰呼此翁哉尓乃竹取翁謝之曰 非慮之外偶逢神仙 迷惑之心無敢所禁 近狎之罪希贖以歌 即作歌一首[并短歌])反歌二首)
原文 白髪為 子等母生名者 如是 将若異子等丹 所詈金目八
訓読 白髪し子らに生ひなばかくのごと若けむ子らに罵らえかねめや
かな しろかみし こらにおひなば かくのごと わかけむこらに のらえかねめや
英語(ローマ字) SHIROKAMISHI KORANIOHINABA KAKUNOGOTO WAKAKEMUKORANI NORAEKANEMEYA
白髪があなたがたに生えてくるようになったなら、あなたがたがののしった私のように、若い子たちからののしられかねませんよ。
左注
校異
用語 雑歌、歌物語、物語、作者:竹取翁、神仙、嘆老